私にとって、庭とは...

「童心に帰って、無心に遊ぶところ。
そして、くつろぐところ」

 

自宅を建てたのが20年も前の事。
どんな庭が良い庭なのか、
わけも分からず無秩序に植えて16年間。

気が付いたらいつのまにかジャングル庭。 
何かがおかしい。

でも、どこから手を付けていいのやらわからない。
エエイッ、自然体だ!
と開き直ってはみたものの、やはり居心地は良くない。

そうこうするうち子育てが終了、
一念発起して庭の大改造に取り組みはじめたのが、1999年。

眺め渡してみれば明らかに木の植え過ぎ。
あれもいらないこれもいらない。

「切ってしまえ!」と考えはしても、
家族と共に生長してきた木々には思い出がびっしり詰まっている。

じっくり庭を眺めまわして、
「これが生きてきた証なのだから、歴史を引きずりながらの庭いじりを楽しもう」

元気な子供達と犬がしっかり踏み固めた土を掘り返しながら

ガーデニング一年生は元気一杯。
好奇心に燃えています。

[2000.5]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

庭への想い そのときどき


最初のページに戻る戻る

私にとっての庭
庭の概略
私の庭の木
私の庭の草花
庭日誌
私の書庫