庭の概略2007年6月

 新たに草花や樹木を購入することはめっきり減った。
 めずらしい品種というのは、なかなかうまく我が庭に馴染まないことをやっと悟ったからでもあるし、気力が失せたからでもあろう。
  よほど寂しい場所ができると、ちょいと数株購入して穴埋めをしたり、手持ちの種類を株分けしたりしている。

 大きな変化は、芝生の半分近くを減らし、菜園を含む雑多な草花で遊ぶ場を増やしたことだろう。春先には、ホウレンソウ、春菊、水菜、と逞しい食材が収穫できる。

  細かな経過は庭日誌を御覧頂くことにして、大まかな状態を下のスライドショーにまとめた。台所へ続く裏木戸から始まり、ぐるりと家を半周している。相変わらず花の少ない庭である。


Please install Flash® and turn on Javascript.