庭日誌 March 前半|後半 最初のページに戻る戻る

‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
日誌の最初のページへ 最新の日付けに行く
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾

17日

 4月の陽気が続いていて、都心の桜が咲き出したとか。私の体もじっとしていられなくなり、昨日は1日庭に出ていた。犬走りにたまっている去年からの枯葉を掃いて、イチゴの鉢を並べた。秋に鉢植えした株は根がびっしり回っていて、どれもこれも可哀想。鉢ごと引き抜いたものだから、埋め込んでいた花壇のあちらこちらに穴ができた。くっついている株を引き離して、大きさに応じて鉢を選ぶ。書斎の壁を塗った時の屑をちょっと混ぜてみた。徐々に溶けて土をアルカリにするように思えたから。
 コンポスターの中身はあまりに乾燥しすぎていた為か、腐敗の速度がとても遅い。ずぼずぼ引き抜いて、未熟なコンポストを再び入れ直した。未熟コンポスト、VS、牛糞、と順に入れて行く。まるでラザニアの作り方と同じである。ポロシャツ一枚に割烹着では汗が流れた。最後にじょうろで水をちょっと撒いて蓋をした。
 ワイヤープランツ、トラデスカンティア、プレクトランサス、の挿し芽をする。まばらに挿しているのだから、まだ見られたものではないのだが、びっしりと葉が茂って鉢から溢れ出ている様子を心に画く。

 今日は娘の家に行き、コニファーの植え付けや草むしりなどをした。自分の家には適当な場所が見当たらないので、勝手にキバナコスモスを蒔いてきた。シソとコキアもちょっと蒔いたのが発芽するだろうか。彼女は忙しくて、水やりのゆとりもない日が多いだろうから。でも、イチゴは多少乾燥しても平気だろう。一日中陽のあたる所なので、たくさん実を付けることだろう。

20日

 南花壇の東側、全体の1/3程の植え替えをした。緑色のニュウサイランを入れて赤い方のを手前に持って来た。たかがそれだけの事なのに、鉢の中の土を入れ替えたり間に何を植えるかなどと思案しているうちに2時間はすぐに過ぎてしまった。

 「このばあちゃん、よくも飽きずに長い事遊んでいるもんだ!」赤玉に花壇用の土を混ぜて'まんま'を加え化成肥料をちょっとばかり。例の壁土も大匙一杯ほど、そしたらぐちゃぐちゃにかき混ぜる。

 しゃがんでは 'よっこいしょ!' と立ち上がる。この動作を何十回繰り替えしたことだろう。いくらバランスを考えても、数カ月もすると広がり具合や丈の伸び具合ですぐに変化してくる。それでいいのだが、根が張り切ってしまうと、来年の作業が大変になるので、一部は鉢ごと埋めている。どの3つの鉢も一直線にならないように工夫する。基本は高さも考慮して三角形。

 夕方、室内の植物をほとんど外に出した。真夏が来るまでたっぷり陽に当ててやろうと思ったから。家の中がすっきりして、ほっとする代わり一挙に軒下が緑に覆われた。それにしても乾燥がひどく水やりが忙しい。性懲りもなく挿し木なんかしているのはどこのどいつだ〜!

21日

 朝、玉川浄水沿いに車を走らせたらもう桜が咲き始めている。1分咲きから5分咲きまで。羽村の桜祭りはもう日が決まっているが、実行委員の人達はどうするのだろうか。余計な心配をする。今は家々の椿が真っ盛りだが、どうもあまりきれいじゃない。雨がなくて深緑の葉が汚くなっているからだろうか。人の家の悪口なんか言って、じゃあ自分家のはどうなのか?ん〜まんざらでもない!身びいきかな?ひとつには、木が大きくなって剪定をしなくなると、花が中の方に入って葉や枝に隠れてしまうが、適当な時期に剪定をすると、花が木の外側にぐるりと咲くようになるからじゃないだろうか。それにしても、桜と椿は同時に咲くものだったろうか。風景の中に両方を見るとなにかちぐはぐな印象があるが、これは私の記憶が曖昧だからなのか。


 どうも我慢のない性格で、土の下から芽の出る気配を感じられないと、そおっと指先で土をどけてみる。そうすると、かすかな若草色を中に見つけて大喜びをして、おりこうさんに土を戻す。どころが、時々はへまをしでかす。せっかく出てきた芽の先を指で傷めてしまうのだ。こうなるともう子供である。「ごめんなさいよ、ごめんなさいよ」と泣き出したくなる。これでもここ数年はかなり辛抱強くなってきていて、春が待てずに温室育ちの苗を買ってきて直植し、あげくの果てに枯らす、などということはしなくなった。

 庭を歩いていたら、フリチラリアが蕾みを付けている。シャガがイベリスが咲いている。今年も春がやってきた〜!

 左は芝生の中に見つけた春。


23日

 昨日の午後から雨が降り出した。やっとのお湿りにほっとする。朝の作業をそのままに、夕方になって続きをしようと思っていたので、予定は変更。何をしていたか?

 春になるとソフト面でなくてハード面が忙しくなる、などと言えばちょっとかっこがいいのだが、要するに土方風の作業が増えるということである。裏門からのアプローチは有り合わせの安物の薄い石を置いてあるので、座りが悪い。固い土をほじくって安定のバランスを探ってみる。あちこちから不要のレンガを拾ってきて、埋めてみる。

 晴れているかと思うと急に暗くなって小雨が降る。こんなことが1日じゅう繰り返された。小雨を受けながら、小学校入学前のおままごとを思い出す。あれはどこだったろうか。家の脇のちょっとした隙間に父ござを敷いてくれて、そこにままごと道具を広げた。寝室、台所、食堂、あっという間にできあがり。水を汲んできて折り紙でジュースを作れば、しゃれたお茶の時間。雲がお日様を隠すと「さあ夜ですよ。早く寝ましょう。」赤ちゃんを寝かし付ける間もなくお日様が顔を出す。「さあ朝ですよ。早く起きましょう。」布団を上げるとすぐまた夜になった。横になったり起き上がったり、あまりに忙しくなって仲良しが一緒に笑い出した。それを聞き付けて父もニコニコしていた。

 しゃがんで草むしりをしながらこんなことを思いでにふける。実は今日はあまり気分が優れなかったのだが、庭に出てしまえば体がバランスを取り戻す。好きなことがあって幸せだなあと湿った土のかおりに包まれて感謝した。

24日

急激に温度が下がった。下の飛び石の両脇にリシマキアをびっしり植え込んでみたいのだが、ランナーを移動するにはまだちょいと寒すぎる。頭の中ではもう、石の周りは2種類の緑にびっしり囲われている!夢は止めどなく開き続ける。

 左の写真は昨日の「おいた」の後。

下の写真は冬眠から叩き起こされた植物達。

 飛び石が継ぎはぎだらけなのは私の庭の御愛嬌よ。

 右は大好きなユーフォルビア、まるっこい花がたまらなく可愛い!庭のあちこちにあるユーフォルビアが咲き始めている。


25日

 昨日のこと、自転車で青梅まで行きカタクリ群生を見た。ちょっと離れて見たのでは、花が小さくてわからないけれど、近寄るととても可愛い。石垣にしがみつくようにしてこの写真を撮った。

 ここは多摩川を遡った羽村の神社前。このあたりは地元の人達だけが知っているので、比較的空いている。以前は秘密の場所として平日に来ていたのだけれど、毎年くる人が増えてしまった。情報の伝達が良くなるのもちょっと淋しいなどと考えるのは身勝手かな〜。

 

25日

 花曇り。予定していた作業は中止。

 数日前の大風。つるしてあった餌台が大きく揺れ続け、中身は全部落ちてしまった。足してやりたい気持ちは山々だが、もうひとりで餌を捜せる季節になったから、心を鬼にして空のままにしている。

 しばらくの間、毎日きていたシジュウカラは落ちた餌を拾っていたが、そのうち止めてしまった。あきらめて他を捜しまわっているのだろう。家にいる事も少なくなった。

 ハトは相変わらず拾い歩き専門。ムクドリは芝生の中にどんな御馳走を見つけているのだろうか。シジュウカラの居なくなった分、頻繁に来るようになった。今はふたつがいが来ている。

 


 近頃は我が家に来て遊ぶ猫が減った。子猫だったのが大きくなって別の縄張りを作っているのだろうか。それでも、通過する猫は相変わらず多いようで、そこはかとなく香る '落とし物' は後を絶たないし、ほくほくの土はしょっちゅうかき混ぜられている。

 あちこちの土から、ぞくぞく新芽が頭をもたげ始めている。こうなると、私の方も忙しくなって来る。「Welcome back!」と声をかけるものの、冬の間に名前を忘れているのだ。


 せっかくスルスルと出るようになっていたカタカナ単語が頭の奥の方にしっかり治まってしまっている。新入りには名札が付いていないので、ラテン名のアルファベットを調べて札作りである。

 娘と一緒の時にそんな現象を見られると、例に寄って「ほら、頑張れ!」と激が飛ぶ。粘って思い出すとく細った脳の神経が蘇るそうだ。諦めて答を聞いてしまえば回線はぶっつり切れてしまうとか。何処で聞いてきたのか知らないが、親が惚けてくるのは否なものなのだろう。

 お陰で、ひとりでいる時にもこの激が聞こえてしまい、顔をしかめて脳みそを絞るのだが、たいていは徒労に終わる。

29日

 晴れ間を縫って、軒下の雨垂れが落ちる所にレンガを敷いた。裏木戸に行く短いアプローチで、ここには小砂利を置いていた。大雨が降る度に土が流され、砂利は歩く度に蹴散らされて長い事木になっていた。

 まだ幾分がたがたするのだが、歩き易いし雨垂れもレンガに当たっている。これで両脇に苔が育つようになるだろう。

 今日は、ホトトギスとシランを随分引き抜いた。猛烈な勢いではびこるので、いくら好きでもバランスをくずしてしまうのだ。とくにホトトギスは抜きにくくて夏がきたらどうしようかとちょっぴり頭を傷めている。抜いた苗は裏の石ころだらけの空間に埋め込んだ。ここならいくらはびこっても構わない。日当たりの悪い物置きの陰だが、雑草が生えなくなりますように。

 リシマキアを裏門からのアプローチの両側に移植。そのほか、ポットの苗を直植したりと、こまごまとした作業で結構忙しい。1年の内で一番わくわくするこの時期、何度も途方にくれながら、私の庭遊びは続いている。

31日

 青梅から日向和田まで往復した。行きは鉄道公園の脇から入って尾根伝いにほぼ平坦な道、帰りは多摩川の反対側を吉野街道に平行した道を歩いた。しばらくぶりの足慣らしとなった。

くさいちご

バライチゴの一種だろうか
楚々としてとても素敵だった


 やぶじらみとはひどい名前だ。種になるとしらみのように人にくっついて運ばれるからだという。風に揺れるととてもきれいなのに、もうすこしましな名前を付けてくれればよかった。

 青梅の山道には琉球サクラというのがたくさん植えられていた。染井吉野のような艶やかさはなくて、花も小振りでさらりとしている。私はとてもいいなあと思って見とれた。

 サクラ並木もいいけれど、満開のサクラが緑の景色のなかにちょこちょこっとあるのが、あるいは3本くらいが寄り添って枝を大きく広げているのもいい。何にしても、あまり豪華なのは性に合わないようだ。見ていて疲れてしまう。



23日

 昨日の午後から雨が降り出した。やっとのお湿りにほっとする。朝の作業をそのままに、夕方になって続きをしようと思っていたので、予定は変更。何をしていたか?

 春になるとソフト面でなくてハード面が忙しくなる、などと言えばちょっとかっこがいいのだが、要するに土方風の作業が増えるということである。裏門からのアプローチは有り合わせの安物の薄い石を置いてあるので、座りが悪い。固い土をほじくって安定のバランスを探ってみる。あちこちから不要のレンガを拾ってきて、埋めてみる。

 晴れているかと思うと急に暗くなって小雨が降る。こんなことが1日じゅう繰り返された。小雨を受けながら、小学校入学前のおままごとを思い出す。あれはどこだったろうか。家の脇のちょっとした隙間に父ござを敷いてくれて、そこにままごと道具を広げた。寝室、台所、食堂、あっという間にできあがり。水を汲んできて折り紙でジュースを作れば、しゃれたお茶の時間。雲がお日様を隠すと「さあ夜ですよ。早く寝ましょう。」赤ちゃんを寝かし付ける間もなくお日様が顔を出す。「さあ朝ですよ。早く起きましょう。」布団を上げるとすぐまた夜になった。横になったり起き上がったり、あまりに忙しくなって仲良しが一緒に笑い出した。それを聞き付けて父もニコニコしていた。

 しゃがんで草むしりをしながらこんなことを思いでにふける。実は今日はあまり気分が優れなかったのだが、庭に出てしまえば体がバランスを取り戻す。好きなことがあって幸せだなあと湿った土のかおりに包まれて感謝した。

24日

急激に温度が下がった。下の飛び石の両脇にリシマキアをびっしり植え込んでみたいのだが、ランナーを移動するにはまだちょいと寒すぎる。頭の中ではもう、石の周りは2種類の緑にびっしり囲われている!夢は止めどなく開き続ける。

 左の写真は昨日の「おいた」の後。

下の写真は冬眠から叩き起こされた植物達。

 飛び石が継ぎはぎだらけなのは私の庭の御愛嬌よ。

 右は大好きなユーフォルビア、まるっこい花がたまらなく可愛い!庭のあちこちにあるユーフォルビアが咲き始めている。


25日

 昨日のこと、自転車で青梅まで行きカタクリ群生を見た。ちょっと離れて見たのでは、花が小さくてわからないけれど、近寄るととても可愛い。石垣にしがみつくようにしてこの写真を撮った。

 ここは多摩川を遡った羽村の神社前。このあたりは地元の人達だけが知っているので、比較的空いている。以前は秘密の場所として平日に来ていたのだけれど、毎年くる人が増えてしまった。情報の伝達が良くなるのもちょっと淋しいなどと考えるのは身勝手かな〜。


25日

 花曇り。予定していた作業は中止。

 数日前の大風。つるしてあった餌台が大きく揺れ続け、中身は全部落ちてしまった。足してやりたい気持ちは山々だが、もうひとりで餌を捜せる季節になったから、心を鬼にして空のままにしている。

 しばらくの間、毎日きていたシジュウカラは落ちた餌を拾っていたが、そのうち止めてしまった。あきらめて他を捜しまわっているのだろう。家にいる事も少なくなった。

 ハトは相変わらず拾い歩き専門。ムクドリは芝生の中にどんな御馳走を見つけているのだろうか。シジュウカラの居なくなった分、頻繁に来るようになった。今はふたつがいが来ている。

 


 近頃は我が家に来て遊ぶ猫が減った。子猫だったのが大きくなって別の縄張りを作っているのだろうか。それでも、通過する猫は相変わらず多いようで、そこはかとなく香る '落とし物' は後を絶たないし、ほくほくの土はしょっちゅうかき混ぜられている。

 あちこちの土から、ぞくぞく新芽が頭をもたげ始めている。こうなると、私の方も忙しくなって来る。「Welcome back!」と声をかけるものの、冬の間に名前を忘れているのだ。



 せっかくスルスルと出るようになっていたカタカナ単語が頭の奥の方にしっかり治まってしまっている。新入りには名札が付いていないので、ラテン名のアルファベットを調べて札作りである。

 娘と一緒の時にそんな現象を見られると、例に寄って「ほら、頑張れ!」と激が飛ぶ。粘って思い出すとく細った脳の神経が蘇るそうだ。諦めて答を聞いてしまえば回線はぶっつり切れてしまうとか。何処で聞いてきたのか知らないが、親が惚けてくるのは否なものなのだろう。

 お陰で、ひとりでいる時にもこの激が聞こえてしまい、顔をしかめて脳みそを絞るのだが、たいていは徒労に終わる。

29日

 晴れ間を縫って、軒下の雨垂れが落ちる所にレンガを敷いた。裏木戸に行く短いアプローチで、ここには小砂利を置いていた。大雨が降る度に土が流され、砂利は歩く度に蹴散らされて長い事木になっていた。

 まだ幾分がたがたするのだが、歩き易いし雨垂れもレンガに当たっている。これで両脇に苔が育つようになるだろう。

 今日は、ホトトギスとシランを随分引き抜いた。猛烈な勢いではびこるので、いくら好きでもバランスをくずしてしまうのだ。とくにホトトギスは抜きにくくて夏がきたらどうしようかとちょっぴり頭を傷めている。抜いた苗は裏の石ころだらけの空間に埋め込んだ。ここならいくらはびこっても構わない。日当たりの悪い物置きの陰だが、雑草が生えなくなりますように。

 リシマキアを裏門からのアプローチの両側に移植。そのほか、ポットの苗を直植したりと、こまごまとした作業で結構忙しい。1年の内で一番わくわくするこの時期、何度も途方にくれながら、私の庭遊びは続いている。

31日

 青梅から日向和田まで往復した。行きは鉄道公園の脇から入って尾根伝いにほぼ平坦な道、帰りは多摩川の反対側を吉野街道に平行した道を歩いた。しばらくぶりの足慣らしとなった。

くさいちご

バライチゴの一種だろうか
楚々としてとても素敵だった


 やぶじらみとはひどい名前だ。種になるとしらみのように人にくっついて運ばれるからだという。風に揺れるととてもきれいなのに、もうすこしましな名前を付けてくれればよかった。

 青梅の山道には琉球サクラというのがたくさん植えられていた。染井吉野のような艶やかさはなくて、花も小振りでさらりとしている。私はとてもいいなあと思って見とれた。

 サクラ並木もいいけれど、満開のサクラが緑の景色のなかにちょこちょこっとあるのが、あるいは3本くらいが寄り添って枝を大きく広げているのもいい。何にしても、あまり豪華なのは性に合わないようだ。見ていて疲れてしまう。