庭日誌 December 2001  前半| 後半  最初のページに戻る戻る

12/16

 こんなに間が空いてしまった。

 実は先月から自分の書斎の工事に入っていて、施主もなんらかの形で参加するという企画の請け負い工事のため、そちらの方にかかっていた。外で脚立に乗る経験が生かされて、室内ならば乗ったり降りたりはお手のもの。にわか左官屋を気取っていたら、右肩が腫れる程こってしまった。時折、電気が走るような痛みがある。

 そして、今日は久しぶりに庭仕事。今年は、檜のおが屑がたくさんあるので、マルチングはこれにしてみている。のこぎりで引いた時にでる、こまかな木屑なので、ふわりさらさらと草花の根元に広げてやれる。見た目にもいい。

 シオンや菊は根元から切り取ったが、今年は枯れたままの茎は、ユリ、ハナトラノオ、ホトトギスなど、できるだけそのままにしている。枯れたものは見苦しいとさっさと取り除くよりは、じっくり冬の風情として見ていきたいから。

 イチゴもツボサンゴも綺麗に紅葉している。霜を避ける為に軒下に避難した草花も多く、西側は寂しくなってしまった。

 北側の砂利道はここまでで一様いいことにしよう。(右の写真)

 目を上に向けて、延長鋏みでイチョウやエゾエノキの枝切りに取り組んでみた。三メートルも伸びるのだが、それでも到底届く距離ではない。例によって届くところまでの枝をぼきぼき切り取った。もう落葉樹はどれも葉を落として、枝の流れが良く見える。どの木にも固い芽がもう出そろっていて、これを見ていると春の兆しのように思えてします。冬本番はこれからというのに。

 そろそろ植木屋さんの出番なのだけれど... ま〜だかな〜。

12/5

 辺り一面、日一日と冬景色に変わっている。ハナミズキ、イチョウは少し残っていて、モミジ、サンシュユはまだまだ見どころ。こうしてみると、落葉の時期は、木によって随分とずれている

 今年の秋は紅葉の美しさが目立ったのだが、これは私の関心のせいだろうか、それとも全国的な傾向なのだろうか。ハッキリとした秋が長くあって気持ちの良い日が続いている。

 裏の砂利道工事は少しずつ距離が伸びている。何といってまとまった作業はないのだが、落ち葉を拾ったり、鉢物を土に埋めてみたり、砂利拾いに飽きるとそんなことをしている。

 黙々と砂利を拾っていると「始めがあれば、終わりがあるんだよ。始めがなければ終わりもないんだよ」と、母の言葉が繰り返し思いだされる。私は若い頃からこまめにいろいろな物を作った。編み物、縫い物。どれも、すぐに仕上がるような物ではなく、自分の始めたことを持て余していると、それを見て、必ず母がこんな風に言っていた。だから、いつかは終わるんだと、頭の中でその言葉を繰り返しながら作業を続ける。

 今日は、カニバサボテン、オリズルラン、トラディスカンティアなどの鉢物を取り入れた。

12/1

 昨夜のニュースで、雅子妃殿下が出産間近で入院なさったとのこと。(翌日、内申女の赤ちゃん誕生)

 ブルーベリーの紅葉。ピートを使うことにはちょっと抵抗がある、日本人がたくさん買うので北欧のピートが剥がされてしまっている、というような記事をどこかでいつか読んだことがあったから。

 でも、酸性土壌にするために、ひとふくろだけ使った。まだまだ赤ちゃんで、もう一本はもっと赤ちゃん。今は隙間だらけの小さな歌壇、間に球根をボコボコ埋めました。

 無事に冬が越せますようにと、おがくずを撒きました。

 あれ!一体あなたは誰?ひとつだけ、ピンクの花になっている四季なりイチゴの花。まるで紅葉しちゃったみたい。

 四季なりイチゴはちょこちょこ成って赤くなるとつまんで食べている。きっとだんだん美味しくなるでしょう。

 また始めちゃった〜!

 我ながら手がつけられないと思うことがある。

 今、私の右手の親指の付け根はとても痛い。剪定鋏みを使い過ぎての筋肉痛である。昨年もこの時期に同じ症状になったから、まず間違いない。本職の植木屋さんの手は、こうして強い握力を獲得していくのだろう。もっとも、切れ味のいい道具を使って、私のようなバカ力に任せてなどということはないのだろうが。

 写真の左側にあるのは、先月切った梅の幹。続きに使う木がなくて、植木屋さんに電話でお願いしたら、留守の間に長いのが2本置いてあった。今日の午後は、...どうにも止まらない〜〜。

 

 石、石、石.... この家は越して来た時から、石との格闘であった。予算がなくて、整地ができなかったこと、そして、建築ができるようになるまでの間に駐車場となり、トラックいっぱいの砂利が投入されただけのみならず、さまざまな残骸、砂利などが投げ込まれていたようだ。加えてここは、多摩川の近くだから、どこを見ても石ころだらけ。

 越して来て最初は、とにかく南側の石を家族で拾ってはこの北側に持ってきた。いや、砂利だけではない、欠けた瓦もたくさん。

 いちど、浄化槽を水洗化するために、その拾った砂利を使ってもらったら、あらかた埋まってしまった。家族全員が両手で拾ったひとつひとつである。減ればまたこの北側に投入。その後のほとんどは私が運んだものである。草花を植えよう、小道を作ろう、とほじくり返しては、篩にかけて残りのじゃりを運んだ。そして一昨年、駐車場の整備の折に小トラック2台をショベルカーがすくって持っていった。

 その後も石ころがどんどんでてきて、またここに運ばれた。家族が通る、自転車が通 る。砂利と土が混じってでこぼこがやがて平らになった。

 でも、見苦しい。ハナタデなどの雑草が生えるところを作ってやりたくて、砂利をどけてやりたくて、思いきって掘り出した。土と砂利が入り交じっているので、かき寄せてすくっては篩にかけ、きたない石は裏の駐車場に、そして残りを元に戻している。

 ひとりで、黙々と作業をする。重い石の入ったバケツを持ちあげる時だけ、「ヨッ」とかけ声をかけて。暗くなってあたりが見えなくなるまで、黙々と石をすくう。

「この石はこの庭で何度移動されたんだろう。誰の手でここまで運ばれたんだろう。」
「一体自分は何をやっているんだろう。これは、ガーデニングなんかじゃない。ドカタニングじゃないか」
「いや、まてよ、ウエイトリフティングをやっていたことがあるじゃないか。あれは鉄で、これは石。それだけの話じゃないか」

「そうか、これを運動と思えばいいんだ。生産的な運動と思えば」

 この北側の、陽がほとんど射さない所に、今年の秋に青梅の裏山で拾ってきた種を撒いてみよう!

 こうして数時間。こんな仕事をした日には、床に入っても本を取り上げる気力もなくなる。何時間かの作業だけれど、終わった部分のごろごろを思い浮かべながら、穏やかに眠りに落ちていく。

「Pippimamaちゃん、今日も良く遊びましたね」と自分に語りかけながら........

 | 日誌の最初のページに |  Site Map