庭日誌 September 2001 前半 (後半)         最初のページに戻る戻る

9/30

咲いた!

 目の覚めるようなシクラメンのピンクだと思ったら、ノボタンの方もまけずおとらず、冴えた色。

 ノボタンってこんなに派手な感じだったかしら?

 写真を撮ったあとは、急いでお出かけ。お日さまに感謝したのもつかの間、曇りのち雨の天気となった。

9/28

 気持ちの良い日が続いている。 

私の庭は花が少なく、葉ものばかり。

 右の遠くにあるのがシュウカイドウ、手前の花壇も小花のオキザリスとポーチュラカ。キャッツテイルも花というほどのものじゃあないし。

 他所の庭の花を見ると、きれいだと思うのだが、どうも咲いた後が見苦しくて、花摘みをめんどうに思う私は諦めるしかない。

 そう、左手前にあるのはバードフィーダー。見つけて嬉しくなった。冬になるまで餌は入れない。だってまだまだ食べる物がたくさんあるのだもの。秋が深まって冬が来たら、私を楽しませてもらいましょう。

 家の中にいるのが勿体無くて、1時間おきに仕事の手を休めて庭をぶらぶらしている。

 右の写 真は昼になってお日さまがあたるようになった時。ハイビスカスだって赤葉で花を見るより葉を楽しむタイプ。そうオキザリスもどちらかというと、葉に見ごたえのあるもの。

 それにしても、このコリウスはみっともないかっこ!今年も自然に生えてきたので、種が飛ぶようにそのまま花が咲くのを待っている。

 花が嫌いなわけじゃないので、やっぱりちょっと寂しくなって、昨日はシクラメンとノボタンを買ってきて寄せ植えにしてみた。

 シクラメンを外に植え付けるのは始めて。ノボタンは20年以上も前に一度育てたことがあるけれど、すぐにダメにしてしまった記憶がある。野ボタンが咲きだしたら写 真をのせましょう。

 秋の空気が美味しくて、久しぶりにサイクリングに出かけた。

9/24

 なにかがいけない!ベンチはまだべとべと。仕方なくシンナーで拭き取りを始めた。最初に塗った塗料との相性が悪かったのだろう。古かったからだろうか。手伝った娘に、一体この妙な塗料を何回塗ったのか聞くと、なんと5回も塗ったという。よりによって......「あほか!」などとはしたない言葉がついに出る。

 しっかり拭き取って軽くやすりをかけて、改めてニスを塗ると、今度は大丈夫。つやつやときれいになった。このひと騒動のお陰で、心地よい秋の休日は炎天下で汗だくの奮闘となったが、肉体労働は後が気持ちよい。夕方は、写 真を撮ることも忘れて、芝生の上を流れる風に身を任せた。

 なんとも気持ちのよい秋晴れの一日!

9/23

 あ〜あこれです、これ!のたうちまわっています!

左が我が家の側から、右の写真はお隣の門からそおっと盗み撮りしたもの。この朝顔、たぶん新種(ジョンソンズブルーとかなんとか)で昼になってもかなり長い事咲いている、時には夕方になっても咲いたまんま。

昨日、南花壇の植え変え完了。気を良くして縁側とテーブル、椅子にも家にあった防水加工の塗料を塗ったら、まだ乾かない。触るとぺとっとしている。

9/20

 涼しくなってくると、体が動き出す。草を取り始めたら、ああなんと暑さにとろけたのか、覆われて枯れてしまったのか、ブルーデージーの変わりはてたカラカラの茎よ!ゴメンなさい!

 チャリーセージ、セイヨウマツムシソウ、アサギリソウ、... あちこちで伸び過ぎた茎を切り詰めているうちに、南花壇の鉢植をみんな取り出してしまった。根が張りすぎて鉢の下から出てきている物は植変えが必要。でも適当な鉢がない!春にはあんなにゴロゴロしていた鉢がいつのまにかなくなっている。この小さな体でちょこちょこ植え変えをしているらしい??小雨を押して作業を2時間。

 鉢とレンガを買いに行く頃には本降りになってしまった。温度は下がるし、いくら私でも諦めた。鉢が散乱したままの庭に雨が冷たく落ちている。明日続きをしよう。

9/19

 久しぶりで庭の手入れ。いっぱいになったコンポスター 一つに封をし、別 のをズボッと引き抜いて新しく雑草を入れ始める。まだ完熟していないコンポストにはボロ絨毯をかぶせる。

 美味しくない黄色のトマトを引っこ抜き、赤いミニトマトは実のなっているところだけを残すように処理する。

 茗荷が欲しくて草むらに突進、と、まだ白いコルチカムの蕾みが地面 からにょきっとでている、茗荷と間違えそうだった。日なたのコルチカムはもうすぐ最盛期。

パセリを坊主にした犯人!仲間がもう2匹、すべて撮影後に捕獲。

 時計草が午前中でしぼんでしまうなんて、知らなかった。そして、今頃から咲き出すなんてことも。

 まだまだ日中は残暑が厳しいけれど、朝夕は涼しくなってきて、草花が元気を取り戻している。桔梗が再び咲き出し、紫のチェリーセージが始めての蕾みを付けた。

 蚊を払いながら作業をしていると、見なれない蝶がひらり。シラカシの葉に止まった。

 いそいでデジカメっを取りに行って、カチャリ。ほんの小さな音なのに驚いて飛んで行ってしまった。

 昆虫をカメラに写す時は一回勝負!それにしても綺麗な....

はて、これは蛾なのかしらん。ガみたい.....。「もしかして、アンタ家で育ったの?もしかして上の写 真のお仲間?」

 | 日誌の最初のページに |  Site Map