庭日誌 October 2000 後半

       最初のページに戻る戻る

10/28

 二週間ほど前から、ケムリノキ2本共に葉にウドンコ病が見えていて、気楽に木酢液を吹き掛けていた。どのみち葉は落ちるからと暢気に構え過ぎていたらしい。今日アジュガにウドンコらしき粉がふいていた。青くなって家にあったダニコールを薄めて散布。オロオロ悲しい。

 庭にはまだ蚊がいるし、毛虫もチュウレンジハバチもいる。だから、ツバキの木の真下は草むしりが怖い。花壇は中途半端なまま。春と秋が混在している。クリスマスローズ、一本は盛んに新芽を出しているが、もう一本は枯れそう。あんなに根は張っていたのに。

10/27 *昭和記念公園コスモス満開

めずらしいサーモンピンクのコスモス
オレンジキャンパスと名札に書かれていた

 

 実を言うと、このサーモンピンクの実物は
あまりきれいではない。
  黄色とピンクを無理に混ぜたような印象で...
黄色はまずまず。

 

 私個人的にはやはり
赤やピンクに白入りが好き。


口(目)直しにどうぞ。シオンかしら、

 

10/26

用があって大阪の三田に行ってきた。ドウダン、ハナミズキ、イチョウと紅葉がきれいだった。
自宅の庭ではまだもう少し。コキアだけが人足お先に真っ赤になった。

10/23

届いた!イギリスから球根が!知人が私の花好きを知って送ってくれたもの。
Fritillaria Meleagris, Daffodils Jonquilla, Galanthus Elwesii, Crocus(Ruby Giant)

クロッカスはもう芽が出始めていたので大慌てで、全部植えた。それにしても、芽が上からだけでなく、脇腹からニョッキリ出ているのには驚いた。咲いてくれるかなあ。さあ、そのうち、あちこちからひょろひょろ出てくるはずだが....

10月前半に | 日誌の最初のページに |  Site Map