庭日誌  August 2000

       最初のページに戻る戻る

8月の後半に

8/11

 草取り、連続2日。鉄砲ユリが咲き出す。シュウカイドウの蕾みがきれいに開きだす。虫の声が聞こえ出す。

8/7

 芝刈り。長めにしてから雑草の生長が遅くなったように思える。ひさしぶりで草取り。ミントを随分と刈り取る。カサブランカの根が上の方に出てきているので、鉢ごとひとまわり大きな瓶にほうりこみ、土で覆う。イタリアンパセリがふた株に生長している。込み合っているので鉢上げする。

 なあんだ、欲しかったコキアは何度も店で見ていたではないか。名前を覚えていて良かった。ひと鉢を買ってカサブランカのあったところに植えよう。リコリスもう遅いのだろうかと思うが急いで鉢に植える。

8/4

 庭に一歩でれば必ず虫に刺される。腕も足も赤い点だらけ。
ブラックベリーはもう終わり、鉢植えにしてはけっこう食べられた。冬に土を入れ替えたものか。

8/1

 カノコユリが一輪咲きだす。バラが3輪、蕾みを摘み取って花瓶にさす。アイビーの生長が随分と遅くなった。今までひと夏に3度は刈り込まなくてはならなかったのだが、今年はまだ何もしていない。塀外の限られた土の養分を吸い取ってしまったのだろうか。そう言えばタマスダレも咲かなくなった。栄養剤をあげたものか否か。
 現代農業の「日本的ガーデニング」を読む。信濃町で開催された東京ガーデニングショーには2度行っているので、どの角度からの写真を見てもほとんど記憶をたどることができた。庭、花、野菜づくり、土に惹かれる入り口はいろいろあって、みなさんすごいなあ。私は草が伸びても気にならない、やすらぎのに庭をめざしているけれど、こぼれ種のバリエーションがもう少し欲しい。

 今年のこぼれ種、ハツユキソウ、コスモス(一輪?)、コリウス、ナスタチウム(一輪)、シュウカイドウ、アリッサム、ノースポール、スミレ、まだまだほんのこれだけだもの!

日誌の最初のページに戻る戻る