庭日誌  April.2000

日誌最初のページに戻る 

4/6

 芝生に除草剤散布(先週の散布は効きめなし)
ハナニラ、スミレ、がどんどん咲き出す。

4/12

 シャガが咲き始める。サツキが蕾を持ち始める。

4/16

 ミントは凄い勢いで増えた。地面を這いながら畑からはみだしてどんどん広がる。チューリップは去年の球根から可愛い花をたくさん咲かせているが、どれも白みがかった黄色である。庭に吊るした鳥のえさをシジュウカラが突いていた。

4/18

 芝生内の草むしり、除草剤はどうもよく効かない。ドウダン、ハナミズキ、サツキとどんどん花が咲き始めている。記録用の写真とりが忙しい。

4/22

 ビックリグミ周辺にオルトラン剤散置、スイカズラの蔓誘引。フタリシズカ、スイートラベンダー、シロタエギク、ロニセラの植えつけ。 ナス、ピーマン、サラダナの苗を購入。レジのおばさんから直植えはもう少し待った方がいいとアドバイス。そうか、まだまだ外の気温は不安定。暫く軒下でこの環境に慣れてから直植えしよう。倒れ易いのでプランターに並べて軒下に置く。
 スイカズラは良く根付いて蔓がどんどん伸びている。姫エニシダ、アマドコロに蕾が付く。

4/23

 除草剤一部散布。スミレ、ハナミズキ、ドウダン、シャガはどれも満開。椿は冬と思い込んでいたが、我が家の赤い椿はまだ咲いている。カサブランカの芽がにょきにょき出ている。去年買った球根から大きな芽が二つと赤ちゃんがたくさん。

4/26

 ギボシ(シェードファンファーレ)、Iberis sempervirens(木化する)の植え付け。昨日レンガを百個購入。芝生のグリーンが際立ってくる。一昨日東京フラワーショーを見て、再びデッキへの魅力に取り付かれたのだが、デッキは緑の部分を減らしてしまう。緑を覆うデッキはどの程度利用されるのかを考えると、やはり二の足を踏んでしまう。
 リビング前の南東、えの木回りは陽射しが足りなく、芝生は生えないので、ここににちょっとしたデッキを作ったらと、裏から石を運びぐるりと置いてみる。良いではないか。概算で百個のレンガを早速購入する。連休明けにでも製作にかかろう。枕木もいいけれど、いくぶん食傷気味である。

4/29

 雑草取り、アカンサス、ローズマリー、鉢にもどす。
 一昨日レンガ80個追加購入。昨日は母を誘って 再びガーデンショーに行くと、前回よりももっと花が咲いている。プロによる花の並べ方色使いが参考になる。
 世界文化社の生物大図鑑の4冊を一昨日購入。ページをめくると家にある植物がどんどん出てくる。せっせとラテン名などを記録する。ローズマリーは乾燥を好むのか、それで鉢植えにしてあることが多いのか。茄子とピーマンは親戚で、4年は連作を避けるとある。しまった、去年ピーマンを植た場所に植えてしまった。今日早速プランターに移し変える。


このページの最初に戻る